逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
窃盗事件に強い弁護士をお探しならATOM

窃盗で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で窃盗に関与してしまってお困りの方だと思います。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

まず、窃盗事件の場合は、適切な弁護活動を尽くせば、逮捕されてもすぐ釈放されるケースがあります。逮捕の時間制限は最大72時間で、逮捕の後の勾留が認められなければ、それ以上留置場で拘束されることはありません。弁護士が活動し、検察庁や裁判所に意見書を提出することで、弁護側の言い分が認められ、留置場から釈放されるケースがあります。

また、窃盗事件で警察沙汰になっても、示談が成立すれば、不起訴になる可能性があります。特に、初犯の窃盗事件で被害が軽微な場合は、示談が成立すればほぼ確実に不起訴になるので安心です。不起訴になれば前科がつかないのでその後の社会復帰がスムーズです。アトムのご依頼者でも、警察沙汰になった窃盗事件を示談で解決し、今までどおりの暮らしを取り戻した方が大勢います。

まずは、投げやりにならずに、アトムの無料法律相談をご利用ください。

加えて、示談で窃盗事件が解決すれば、民事事件の賠償問題も一挙に解決することができるのでお得です。刑事事件の弁護士費用を支払うだけで民事事件も解決することができれば、トラブル後の生活を安心して送ることができます。まずは今回の窃盗事件について一緒に話し合い、今までの暮らしを取り戻すための良い方法を模索していきましょう。アトムのLINE相談は24時間相談料は無料です。

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付と、同じく24時間の無料法律相談を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

窃盗で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で窃盗に関与してしまってお困りの方だと思います。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

まず、窃盗事件の場合は、適切な弁護活動を尽くせば、逮捕されてもすぐ釈放されるケースがあります。逮捕の時間制限は最大72時間で、逮捕の後の勾留が認められなければ、それ以上留置場で拘束されることはありません。弁護士が活動し、検察庁や裁判所に意見書を提出することで、弁護側の言い分が認められ、留置場から釈放されるケースがあります。

また、窃盗事件で警察沙汰になっても、示談が成立すれば、不起訴になる可能性があります。特に、初犯の窃盗事件で被害が軽微な場合は、示談が成立すればほぼ確実に不起訴になるので安心です。不起訴になれば前科がつかないのでその後の社会復帰がスムーズです。アトムのご依頼者でも、警察沙汰になった窃盗事件を示談で解決し、今までどおりの暮らしを取り戻した方が大勢います。

まずは、投げやりにならずに、アトムの無料法律相談をご利用ください。

加えて、示談で窃盗事件が解決すれば、民事事件の賠償問題も一挙に解決することができるのでお得です。刑事事件の弁護士費用を支払うだけで民事事件も解決することができれば、トラブル後の生活を安心して送ることができます。まずは今回の窃盗事件について一緒に話し合い、今までの暮らしを取り戻すための良い方法を模索していきましょう。アトムのLINE相談は24時間相談料は無料です。

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付と、同じく24時間の無料法律相談を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

twitter-timeline

Copyright © Takeshi Okano All Rights Reserved.